ロゴ
HOME>Review>インプラント治療を受けようと思ったきっかけ【みんなの口コミ】

インプラント治療を受けようと思ったきっかけ【みんなの口コミ】

インプラント

歯の欠損による不具合をカバーできるのがインプラント治療です。人工歯を挿入するので、歯の隙間が空くことなく、差し歯よりも耐久性が高くなっています。ここでは実際にインプラント治療に挑戦した人の声を届けます。

この話題の口コミ

部分的にも治療ができると知り合いに聞いたことがきっかけ(40代|男性)

子供の頃、虫歯治療が終わった後に金属を被せてあった歯が、再度虫歯になってしまい抜くことになってしまいました。前歯に近いこともあり、隙間が出来てしまうことになり、差し歯とか入れ歯を考えるまでになった時、口コミなどからインプラントの存在を知らされていました。更には、同僚が同様に最近インプラント治療を受けていたことも幸いでした。抜けた歯の後のアゴにインプラントを埋め込み、その上に人工歯を被せるものと言われました。一本でも出来ると聞いた上、差し歯は他の歯も傷付けることになりダメ、入れ歯は不便と考えたことでした。また今は、40歳になったばかりで後40年は生きそうと考えると、人工歯が長持ちすると考え決めたのです。人生が長くなったことから、インプラントは必要な治療と感じています。

歯がないというコンプレックスを解消したかった(40代|女性)

子供頃、自転車に乗っていたのですが、石につまずき転んでしまい、前歯2本を折ってしまいました。この頃の治療方法は、差し歯と言うもので2本のにせの歯を用意して両側にある2本の歯の裏側を銀歯にして繋ぐものでした。自分の歯がなく、笑うと若干銀歯が見えることから、大きな口を開けて笑うことは出来ませんでした。自分の歯でないことが、コンプレックスを感じるまでになってしまったのです。その差し歯も20年以上経った頃、アゴの肉が落ちたためか、グラグラとなってしまいました。歯医者さんに相談した所、インプラント治療がベストな方法と言われました。人生90年から100年と言う時代、入れ歯ではとても追いつかないと言うのです。自分でも口コミ等で納得行くまで、調べました。インプラントにすることで、歯の心配をすることなく暮らすことが出来ることもあり、治療をお願いしました。